バングラデシュで発生したテロ事件に関する声明文

2016年7月2日にバングラディッシュの首都ダッカで発生した残虐なテロ行為に際し、犠牲になられた方々に心より慰霊と哀悼の意を表します。

四方僧伽としては、非人道的なテロ行為に対して遺憾の意を表すとともに、犯行を行った組織に対して最大限の言葉を持って非難し、宗教と云う人々の精神的支柱であるべきものを盾に他者を排除するテロ行為に対して、一切暴力的な行為に訴えることを自制するように強く求めます。

四方僧伽は、各国の仏教徒と連携して支援活動を継続して参りました。近年では当該のバングラデシュにて仏陀バンクによる自立支援に力を入れており、今回のテロ事件によってその活動に大きな支障が生じることと思われます。このような卑劣な行為に対して、改めて遺憾と非難の声を上げていかねばなりません。

バングラディッシュをはじめ世界中多くの地域で同様のテロ行為が発生しておりますが、残虐な非人道的行為に対し、対話による問題解決を図っていくように強く呼びかけてまいります。CS_Logomark.fw

四方僧伽 代表 上川泰憲

Comments are closed.