公開講座のご案内「四方僧伽 仏陀バンクとは」ー仏教の大いなる教えとともに、貧困からの脱却をめざしてー

下記の日程で講座を開催することになりました。
公開講座ですのでどなたでも参加できます。主催は「日蓮宗女性教師の会」です。
是非ともご参加お願いいたします。

公開講座のご案内
主催:日蓮宗女性教師の会
テーマ「四方僧伽 仏陀バンクとは」
ー仏教の大いなる教えとともに、貧困からの脱却をめざしてー

合掌 皆様におかれましてはますますのご健勝の事と存じます。
平素は本会の活動に対しましてご理解ご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
さて、今年度の公開講座は、国際協力NGO「四方僧伽」代表・上川泰憲師と写真家・伊勢祥延氏をお招きし、「仏陀バンク」のお話をお聞きします。
四方僧伽は、アジア角国の仏教徒と手を携え、戦争や災害が原因の貧困からの脱却をめざす、自立支援活動を展開しています。現在は特に「仏陀バンク」を中心に活動しています。
仏教の教えをベースにし、アジア各国の人々に無理子の小規模融資(仏教版マイクロクレジット)を行い、持続可能な地域社会の形成を支援しています。
今回はこの「仏陀バンク」の話を中心に、写真家・伊勢祥延氏の撮影した写真を見せていただき、現地の現状や活動を知っていただけたらと思います。
講演後は、講師を交えて参加者同士が話し合える時間を取り、それぞれの活動に役立てていただければと願っております。
老若男女を問わず、檀信徒の皆様もお誘い合わせ頂きご参加をおまちしております。

 

日程:平成28年12月9日(金)
受付:12時半
開催:13時〜15時半
会場:日蓮宗宗務院 5階講堂
演題:「四方僧伽 仏陀バンクとは」
ー仏教の大いなる教えとともに、貧困からの脱却をめざしてー


講師:上川泰憲師 北海道夕張市生まれ。日蓮宗大本山 池上本門寺の随身生を務めながら、立正大学卒業。2014年より四方僧伽の3代目代表就任。法華宗僧侶
伊勢祥延  北海道伊達市生まれ。1995年から写真家として活動開始。世界60カ国の国々を訪れ撮影。戦争や貧困、災害をテーマに「写真ライブ」を主宰する。四方僧伽のプロジェクトリーダー

対象:教師・寺族・檀信徒・一般
参加費:無料 

※参加を予定していました、伊勢祥延ですが、バングラ渡航後、体調不良の為に出席を取りやめることにしました。
楽しみにされていました皆様には大変お詫び申し上げます。
なお、講演者の代表上川泰憲の他に、事務局長 坂田悌尉。 会計 佐和田謙正。が出席できることになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

Comments are closed.