2014年チャリティーカレンダー協賛のお願い

img165 のコピー

皆さまにおかれましては、平素より四方僧伽に対してご支援いただき心より感謝申し上げます。

 さて、弊会で7年間継続して制作しておりますチャリティーカレンダーを来年度も制作することとなりました。これもひとえに多くの皆さまのご協力があっての事と感じております。

 本年度版(平成25年度版)で集まりましたカレンダー募金は、バングラデシュの仏教徒への緊急支援と仏陀バンクプロジェクトの原資として活用させていただきました。来年の募金も四方僧伽を通じて各プロジェクトの資金として使わせていただこうと考えております。

 カレンダーのチャリティー金額は500円で、250円を募金に、残り250円を作成コストに充てさせていただきます。(作成コストは印刷、デザイン料、送料など)

 ご協賛を希望される方は、下記の申し込みを記入の上、郵送、メール、FAXでお申し込み下さい。

また、販売協力も受け付けております。協力していただける部数をお知らせ下さい。

※申込期限  10月15日まで

受付先 061-3776北海道石狩郡当別町太美町16

               四方僧伽・北海道  上川泰憲

連絡先  090-6448-4730   mall cs.yasu@gmail.com   FAX  0133-26-3755

協賛金振込先   ゆうちょ銀行 (普通)19060-31762021 シホウサンガホッカイドウ

団体賛助  一口5万円~ 150部(必要部数についてはご相談下さい。)

      協賛としてお名前とご住所を記載させていただきます

個人賛助 一口1万円 カレンダー25部進呈           

      協力としてお名前を明記させていただきます。

販売協力 個人・お店などで、一緒に募金活動をして頂ける方

(一定の部数を委託していただき、買い取りの必要はありません。)  

参考(25年度カレンダー収支)                           

収入 募金総額1.336.432円  

支出 制作費・経費 543.420円  支援額63万円    繰り越し163.012円

申 し 込 み

□団体賛助  □個人賛助  □販売協力

          ※部数に指定のある方は希望部数をお書き下さい     部

住所

       団体名/氏名                    

電話番号/メールアドレス

製作者 伊勢さんより

皆様、いよいよ2014年度版チャリティーカレンダーの製作に入ります

 

タイトルが決まりました。

 

[ While there is life, there is hope] 

 

“生きてる限り希望がある” と言う意味です。

 

ちょっと長いですが、一つのことわざで、ネイティブの人に見せても恥ずかしくないフレーズです。

 

内容は人と背景をテーマにしたカレンダーで、紛争や貧困のイメージが強く今だ不安定で、暗いイメージが強い国々や地域。

そんな場所で出会った平和なシーンを集めてみました。

 
表紙:イエメンの遺跡と少女

1,バングラデシュの農村にて

2、少女の祈り、ブルガリアにて

3、マケドニアの老人達

4、ロヒンギャ族難民の家族

5、カシミールのモスクにて

6、アフガニスタン難民キャンプにて

7、イラン エスパハンの親子

8、パレスチナ人タクシードライバーと家

9、修行するチベットの若い僧達

10、イラン、イラク戦争の廃墟で暮らす難民の少女

11、イランの遊牧民バフティアーリー族の一家

12、セルビア ベオグラードの恋人達

裏表紙:美しかった破壊される前のシリア、ダマスカスの夜景

計14点

Comments are closed.