悟りを求める者が学ばなければならない三つの事がある

釈尊最後の教え

・弟子たちよ、おまえたちはこの教えのもとに、相和し、相敬い、争いを起こしてはならない。水と乳のように和合せよ。水と油のようにはじきあってはならない。

ともに私の教えを守り、ともに学び、ともに修め、励まし合って、道の楽しみをともにせよ。つまらないことに心を使い、無駄なことに時を費やさず、悟りの花を摘み、道の果実をとるが良い。

長阿含経第二 遊行経

THE LAST TEACHING OF THE BUDDHA

“You should respect each other, follow my teachings,and refrain from disputes; you should not, like water and oil, repel each other, but should, like milk and water, mingle together.

“Study together, learn together, practice my teachings together. Do not waste your mind and time in idleness and quarreling. Enjoy the blossoms of Enlightenment in their season and harvest the fruit of the right path.                                               DN 16,Mahāparinibbāna-sutta

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・悟りを求める者が学ばなければならない三つのことがある。それは戒律と心の統一(定)と智慧の三学である。                                                               パーリ、増支部3-88

For those who seek Enlightenment there are three ways of practice that must be understood and followed; First, diciplines for practical behavior; second, right concentration of mind; and third, wisdom.                                                                            AN 3-88

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・この三学は、開けば八正道となり、四念住、四正勤、五力、六波羅蜜とも説かれる。

パーリ、中部14-141、分別聖諦経

If the three ways of practice are analysed, they will reveal the eightfold noble path, the four viewpoints to be considered, the four right procedures, the five faculties of power to be employed, and the perfection of six practices.                            MN 14-141, Saccavibhangha-sutra

※ the perfection of six practices= six pāramitā

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

八正道と六波羅蜜は、別々の事柄ではなくその根源は、ひとつなのです。

Both the eightfold noble path and the perfection of six practices are not another things but their origin is one.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出家の意味・役割

・衣を着ているから出家なのではなく、托鉢しているから出家なのではなく、経を諳んじているから出家なのではなく、それは外形がただ出家であるのみ、ただそれだけのことである。

パーリ、中部4-40、馬邑小経

He is not a homeless brother simply because he wears a monk’s rags and carries a begging bowl; he is not a homeless brother just because he recites scriptures easily; he is only a man of straw and nothing more.                                                  MN 4-40,Cūļa-assapura-sutra

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・心を正しく統一し、智慧を明らかにし、煩悩をなくして、ひたすら悟りに向かう出家本来の道を歩く者でなければ、まことの出家とはよばれない。            パーリ、中部4-40、馬邑小経

Those who are able to concentrate and control the mind, who contain wisdom, who have removed all worldly desires, and whose only purpose is to attain Enlightenment — only those can be called the ture homeless brothers.                                          MN 4-40,Cūļa-assapura-sutra

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・出家の道は、また、教えを伝えることである。すべての人々に教えを説き、眠っている人の目を覚まさせ、邪見な人の心を正しくし、身命を惜しまず、広く教えをしかなければならない。

法華経法師品第十

The mission of a homeless brother is to carry forward the light of the Buddha’s teachings. He must preach to everyone; he must wake up sleeping people; he must correct false ideas; he must help people have a right viewpoint; he must go everywhere to spred the teachings even at the risk of his own life.                                                       Saddharmapundarika-sutra 10

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんらい仏法は、出家だけのためではなく万民のためにあります。したがって人々に法を説くことが特に出家の行として大事である。このことは、六波羅蜜の布施行の中の法施に相当します。

しかし、自ら学びある程度の悟りを得たとしてもそれを他人に説くことは、容易なことではありません。それは、大学で教育学を修得して教師の資格を得たとしても実際に子供達や若者という他人を教え導くことは、容易ではないのと同じようなものです。そこからこそ本当の教師となるためにスタートとしたと言っても良いのです。そしてたくさんの失敗や不満足を体験しながら成熟してゆくのだと思います。

 

Buddism originally exists not only for homless brothers but also for all people. Then as the practice of a homeless brother, preaching dharma to others is very important. This corresponds to the offering of dharma in six pāramitā.

But it is not easy to preach teachings to other people even if he attains his own enlightenment.

It is just like that difficult to teach and lead children or youngs actually.,even if a man masters pedagogy and gain the qualification as a teacher. To gain the qualification is only the start as a teacher, not perfect. And I think he will grow up as a teacher through the mny many experiences of unsucess and un satisfaction.

 

釈尊でさえ、他人に説く、ということに至るまでに迷ったことがあったことはご存知だと思います。

I think you know well that even Shakamni-Buddha had puzzled to preach others or not.

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・ゴータマ・シッダールタが、ニルヴァーナを達成し、死と再生(無常)の車輪から解放されて間もない頃 – 彼の体験した内容を人々に教えることを想像したところ、はじめ説法する方にではなく、退いて静観するほうに傾いた。よく知られているように”覚者”は、彼の教え(ダルマ)が俗的なことを楽しむ人々にとってはあまりに理解し難いものであり、その覚りが彼らの思考力をはるかに超えたものであるゆえに恐れたのであった。

貪欲に染まり無知の暗闇に包まれた彼らには、世間的な流れに反し精妙で深遠で悟り難いこのダルマを決して認めることはないであろう。

この時、神ブラフマンは、もしブッダがこのまま彼の覚りの道を教えることなくニルヴァーナに入る方を選ぶならば、世は滅びるであろうと恐れ、天から降りて、ブッダの所に出向きました。そして彼は、苦悩する全ての衆生に代わって彼の教えが何としても必要であり、この世にとどまるべきだと雄弁に懇願しました。

あたかも山の頂きに立って周囲の人間を見渡すように、賢者よ、広く見渡す目のあるお方よ、悲しみを超えたあなたは、ダルマよりなる楼閣の上に立って、悲しみに沈み、生と老とにおしひしがれた人間をご覧ください。

立ち上がってください。勝利の英雄よ、隊商のリーダーよ、負債なき方よ、世を遊行してください。世尊よ、法をお説きください。理解する者もありましょう。

ブラフマンの熱のこもった嘆願によって心を動かされたブッダは彼の精神的な目で世界を観察され、実に異なる傾向の人々がいるのを見ました – 智慧の目が煩悩の塵にあまり汚れていない者もあり、ひどくよごれている者もある。鋭い資質を持った者、鈍い資質の者 … 教え易い者もあり、教えにくい者もある。この洞察によってブッダの深い慈悲心は、引き起こされ、ブッダはこの世に残り生きとし生ける者すべてにダルマを教えるというブラフマンの懇請を受け入れることを決意しました:

彼らのために不死への門は開かれた。耳ある者は、今こそ信じよ・・・・ パーリ、相応部6・1・1 略

 

When Siddhattha Gotama attained nirvana and therefore freed himself from the wheel of death and rebirth (samsara) – he initially recoiled at the prospect of teaching his experience to other people.1. The Buddha, or ‘Awakened One,’ as he was henceforth known, feared that his teaching (dhamma) was too difficult for a generation that ‘delights in worldliness’ to understand, and that its realization lay beyond their spiritual grasp:

‘Those dyed in lust, wrapped in darkness,
Will never discern this abstruse Dhamma
Which goes against the worldly stream,
Subtle, deep, and difficult to see.’

At this point, however, the god Brahma, who feared the world would ‘be lost’ if the Buddha chose to pass into nirvana without teaching his path, descended from heaven and appeared before him. He then eloquently urged the Buddha, on behalf of all suffering beings, that his teaching was desperately needed and that he should remain in samsara:

‘Just as one who stands on a mountain peak
Can see below the people all around,
So, O Wise One, All-seeing Sage,
Ascend the Palace of the Dhamma.
Let the Sorrowless One survey this human breed,
Engulfed in sorrow, overcome by birth and old age.

Arise, victorious hero, caravan leader,
Debtless one, and wander in the world.
Let the Blessed One [i.e. the Buddha] teach the Dhamma,
There will be those who will understand.’

Moved by Brahma’s passionate plea, the Buddha surveyed the world with his spiritual eye and saw that there were indeed people of different predilections – ‘some with little dust in their eyes and with much dust in their eyes, with keen faculties and with dull faculties … easy to teach and hard to teach.’ His deep compassion (karuna) stirred by this vision, the Buddha resolved to remain in the world and accept Brahma’s request to teach the dhamma to all:

‘Open for them are the doors to the deathless,
Let those with ears now show their faith …’

SN 6-1-1 Brief

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たとえ個人的に悟り得たとしてもそれを他に説き理解してももらうことは難しい。熟考の上、釈尊は説くことを決意した。理由は、たったひとつ苦しむ人々を救済するためであります。だからこそ、四諦の法門は、苦諦からはじまるのである。

しかし、釈尊よりはるかに劣る我々は、いったいどうしたら良いのでしょうか?

It is never easy to preach oters and make them understand even if he attains his own enlightenment. Sakamni-Buddha concidered and deternined to preach to all. The reason is only one which wanted to relieve all living-beings with suffering. Therefore the fourfold noble truth starts from the truth of suffering.

We are so so inferrior to Sakamni-Buddha, how should we do?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・この教えを説くということは容易ではないから、教えを説くことを志す者は、皆仏の衣を着、仏の座に座り、仏の室に入って説かなければならない。

仏の衣を着るとは、柔和であって辱めを受けても忍ぶということである。

仏の座とは、すべてのものの本質は空であると見て執着を持たないことである。(他の価値観に対して寛容であり柔軟である姿勢から自在な教えが生み出される)

仏の室とは、すべての人に対して大慈悲の心を抱くことである。(何とか苦しみから救ってあげたいと・・・)

法華経法師品第十

The mission of a homless brother is not easy one, so he who apires to it should wear Buddha’s clothes, sit on Buddha’s sheat and enter into Buddha’s room.    Saddharmapundarika-sutra 10

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうすれば上記のような精神を培うことが出来るのでしょうか。特に才能の乏しい私などが、・・・・。

 

・信ずることによって仏と一体になり、我という思いを離れているから、わがものを貪らず、したがって、生活の恐れがなく、謗られることを厭わない。            華厳経第二十二、十地品

 

Since they are resting in the bosom of Buddha by faith, they are kept far from having a selfish mind, from attachment to their possesion, and, therefore, they have no fear in their daily life or dread of being criticised.                                                         Avatamsaka-sutra 22

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

信ずるとは何を信ずるのでしょう。

 

・弟子たちよ、今は私の最期の時である。しかし、この死は肉体の死であることを忘れてはならない。肉体は父母より生まれ、色によって保たれるものであるから、病み、傷つき。こわれることは止むを得ない。

佛の本質は肉体ではない。覚りである。肉体はここに滅びても、覚りは永遠に法と道とに生きている。だから私の肉体を見る者がわたしを見るのではなく、わたしの教えを知る者こそわたしを見る。

長阿含経第二 遊行経

“My disciples, my last moment has come, but do not forget that death is only the end of the physical body. The body was born from parents and was nouished by food; just as inevitable are sicness and death.

“But the true Buddha is not a humanbody:—it is Enlightenment. A humanbody must die, but the Wisdom of Enlightenment will exist forever in the truthof the Dharma, and in the practice of the Dharma. He who sees merely my body does not truly see me. Only he who accepts my teaching truly sees me.                                                       DN 16,Mahāparinibbāna-sutta

 

教え(御経)は、単なる言葉ではなく、すなわち仏(の御心)である、と信ずること。

例)読経の際にそう信じて仏陀の御心と一体となるべく至心に(命を投入して)唱えること。

では、法事などの際に何故御経を読誦するのでしょうか。恐らく人々は、その意味を理解などしていないでしょう。では、音楽のように音色や響を聴かせるためでしょうか。

私は、その理由をこのように考えます。私は、出家したと言っても智慧・慈悲の力は、未熟で卑小です。どんなに説法したとしても人々の苦しみを除いて平安にさらに覚りにいたらしるるということは本当に難しいものです。だからこそ、仏陀の本質である、御経の”たましい”に迫り、その”たましい”が顕現すべく一心に御経を読むのです。その時にこそ、

 

・一切の苦悩の衆生を度せんと欲せば、未だ六波羅蜜を修行することを得ずと雖も、六波羅蜜自然に在前せん。                                無量義経十功徳品第三

If you want to save all living-beings who are suffering, you will be able to practice six pāramitās naturally even you do not yet attain the stage of carrying out them.

Sutra of immeasurable Meanings 3

 

すなわち、他の救済など行えなかった自分が次第に自然に行えるようになってくるのです。御経を通してそのような慈悲と智慧の力が与えられる(もたらされる)のです。

それから、

ひとり一人の力はささやかなものかも知れません。しかし、決してひとりではありません。共に手を取り合い力を合わせようとする仲間があるではありませんか。たとえ国は異なり宗派は違っても人間であれば、生きとし生ける者であれば、仏さまの子として本来兄弟姉妹のはずである。それが四方僧伽の考え方です。

 

四諦

苦・・・人間世界は苦である。四苦八苦

集・・・苦の原因とは、愛着する渇愛(情欲的快楽、個体の存続、権勢や繁栄)

滅・・・苦から解放された平安の境地

道・・・八正道(正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定)

 

The fourfold noble truth

The truth of suffering : The world is full of suffering. Birth,Old age, Sickness, Death are all suffering. To meet a man whom one hates is suffering, to be separated from a beloved one is suffering, to be vanily struggling to satisfay one’s needs is suffering, In fact, life that is not free from desire and passion is always involved with distress.

 

The Truth of the cause of suffering :  Strong desire  The Strong desire, have a strong will-to-live as its basis.

 

The Truth of the Cessation of Suffering : The peacefull state of mind freed from the root of all human passion.

 

The Truth of the Noble Path to the Cessation of the Cause of Suffering : The Noble Eightfold Path

 

以上のような整然とした教えは、恐らく出家者を中心にして説かれたものかも知れませんが、釈尊は、一般民衆に対してその人に応じた実に巧みな方法によって教えているのです。これは、説く側からすればある意味で上の四諦八正道を説くより遥かに難しいものと思われます。気の動転した人や殺人鬼というとても法を聞く状態とは思われない人々にさえ導かんとしてその工夫を凝らし続けるところに釈尊のブッダとしての行と偉大さがあると思います。

キサーゴータミー

アングリマーラ

チュラッパンダカ

カーリティ

など

 

釈尊は、この世の中とはいかなるものか(苦諦)、そしてその根本原因は何か(集諦)、それを克服した状態・ヴィジョンとは(滅諦)、そしてそこに至る方法(道諦)を明らかにしました。

勿論この法門自体が大切ですが、それと同時に釈尊が世界の問題解決の方法を解明したという行為そのものに視点を向け、それ今私たちを取り巻く世界あるいは、国家、地域、家庭等々に横たわる問題の解明の作業ということに当てはめて考えることが出来るものと考えられます。

 

すなわち、現代社会の苦悩に関する四つの考察

苦・・・現代の私たちが住する世界、国家、地域の有する問題

集・・・その根本原因

滅・・・そのことを克服したヴィジョン

道・・・そこに至る方法(道)

 

最終的な目的は、覚りにあるかも知れません、状況によっては、直ぐに法を聞けない場合もあります。したがってそこに至るまでの取り組みの総体(方便)が、必要ということになるでしょう。

つまり今飢餓状態の人があったとすれば、直ぐに法を聞くことなどあまりに困難です。したがって先ず飢餓状態を脱し、しかる後に順々に育んでゆくことが大切でしょう。

出家者ではあるが、物忘れしやすいチュラッパンダカのために釈尊はあれやこれや方法を考案したのです。

その精神を受け、こうした社会を良いものへと変えてゆく運動は、ひとり出家者のみが行うのではなく、それぞれの特徴や特技を活かしつつ僧俗一体となって行ってゆく方がやりやすいし、より大きな運動になるものと考えられます。

 

 

 

 

上の現代社会の苦悩に関する四つの考察について少しだけ述べさせていただきます。

pastedGraphic.png

pastedGraphic_1.png

pastedGraphic_2.png

 

経済システムにその原因があるとしてもそうしたシステムが突如偶然に出来上がったわけではありません。

その時代の何らかの必要性(価値)の上に創造されたのです。

注意すべき点は、そこに思想的矛盾が内包されていないかということです。

 

 

近代世界経済に最も影響を与えた経済学者ケインズ(John Maynard Keynes)の思想の根底にあるもの

「(人間の)必要は、二つの種類に分かれるーわれわれが仲間の人間の状態の如何にかかわらず感じるという意味で、絶対的な必要と、その充足によって仲間たちの上に立ち、優越感を与えられる場合にかぎって感じるという意味での相対的な必要、この二つである」

「貪欲や高利や警戒心は、いましばらくなおわれわれの神でなければならない。なぜならば、そのようなものだけが経済的必要(絶対必要)というトンネルから、われわれを陽光のなかへ導いてくれることができるからである」               「わが孫たちの経済的可能性」1930年)より

Now it is true that the needs of human beings may seem to be insatiable. But they fall into two

classes –those needs which are absolute in the sense that we feel them whatever the situation of

our fellow human beings may be, and those which are relative in the sense that we feel them only

if their satisfaction lifts us above, makes us feel superior to, our fellows. ・・・・・・・・・・・

Avarice and usury and precaution must be our gods for a little longer still. For only they can lead

us out of the tunnel of economic necessity into daylight.

“EconomicPossibilities for Our. Grandchildren,”1930,

 

シューマッハー(ErnstFriedrich”Fritz”Schumacher)『仏教経済学』によるケインズ経済学批判

「貪欲や嫉妬心のような人間の悪を意識的に増長させるならば、そこから必然的に出てくるのは、理性の崩壊だけだろう。

欲望が増すということは、自分の意のままにならない外部への依存が深まり、したがって、生存のための心配が増えてくる。→争いや戦争の原因となる緊張が高まる。共同体の崩壊、環境破壊等」

 

 

グローバリゼーションとは、

「1989年のベルリンの壁崩壊後、社会主義の敗北が明らかになって以降、IMF, 世銀および米国財務省の間で広く合意された米国流の新古典派対外経済戦略で、「小さな政府」「規制緩和」「市場原理」「民営化」を世界中に広く輸出し、米国主導の資本主義を押し広げようとする動きである」

丹羽宇一郎氏「財界だって格差社会はノー」『文藝春秋』2007年3月号

そのイデオロギー的正当化が「新自由主義」である。

京都大学大学院教授 佐伯啓思『もはや成長という幻想を捨てよう』2008年、中央公論

何のための、誰のための「自由」か?

 

 

つまり、突き詰めてゆくと、

地球規模の危機を作った原因としての経済システムもその根本は、「欲望(貪欲)」ということになります。

では、どうすれば「貪欲・渇愛」から解放されて幸福で平和な社会を実現することが出来るのか。

こうしたことに答える智慧こそが仏教の真骨頂であり、仏教は今世紀を生きる人類にとっての叡智として期待されているのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

欲にまみれた人によってうち建てられた御殿が仏の住所なのではない。月の光が漏れ込むような粗末な小屋も、素直な心の人を主とすれば、仏の宿る場所となる。

 

ひとりの清らかな心の上にうち建てられた仏の国は、同信の人を呼んでその数を加えてゆく。家庭に村に待ちに都市に国に、最後は世界に、次第に広がってゆく。

 

まことに、教えを広めてゆくことは、この仏の国を広げてゆくことにほかならない。

維摩経

 

A golden palace that is blood-stained can not be the abiding place for Buddha.  A small hut where the moonlight leaks in through chinks in the roof can be transformed into a place where Buddha will abide, if the mind of its master is pure.

 

When a Buddha Land is founded upon the pure mind of a single man, that single pure mind draws other kindred minds to itself in the fellowship of a brotherhood. Faith in Buddha spreads from individual to family, from family to village, from village to towns, to cities, to countries, and finally to the whole world.

 

Indeed, earnestness and faithfulness in spreading the teaching of the Dharma are what build Buddha Land.                                                      Vimalakīrti-nirdeśa-sūtra

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まことにこの世界は、一方から見れば、悪魔の領土であり、欲の世界であり、血の戦いの場ではあるが、この世界において、仏の覚りを信じる者は、この世を汚す血を乳とし、欲を慈悲に代え、この世を悪魔の手から奪い取って、仏の国となそうとする。

大般涅槃経

To be sure, when viewed from one angle, the world with all its greed and injustice and bloodshed appears as a devil’s world; but, as people come to believe in Buddha’s Enlightenment, blood will be turned into milk and greed into compassion, and then, the devil’s land becomes a Buddha Land of Purity.                                                                Mahāparinivāna-sutta

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仏の仕事は、永遠に終わることはを知らない。人のある限り、生物の続く限り、またそれぞれの生物の心がそれぞれの世界を作り出している限り、そのやむ時はついに来ない。

無量寿経

Buddha’s mission is everlasting. As long as men live and creatures exist, and as long as selfish and defield minds create their own worlds and circumstances, there will be no end to His mission.

Sukhāvativyūha-sūtra

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

Comments are closed.