ベトナムの人権と宗教の自由を求める要請文

ベトナムのCSメンバー、Penelop Faulknerさんより、

ベトナム政府の宗教弾圧について、改善を求める署名への協力要請がありました。
ペネロップさんはVietnam Committee on Human Rightsという人権団体で活動していらっしゃり、彼のメールによると、来る5月7〜11日にベトナムでVasakという宗教上の記念祭が開催され、この日は仏教のみでなく様々な宗教に属する全てのベトナム人が、互いの理解と共存を目指し、寛容と平和への祈りを共にする、という日だそうです。

にもかかわらず、この記念祭を前にしてベトナム当局は国民に対してさらに圧力と取り締まりを強化しており、宗教の自由や言論の自由は厳しく統制された状態が続いているそうです。

ペネロップさんからの要請は、政府や指導者に対して、
今回の記念祭を機にUnified Buddhist Church of Vietnam(UBCV)という団体の指導者 Patriarch Thich Quang Do師の自宅軟禁解放をはじめ、政治犯の釈放や、人権を守り宗教の自由を認めることを求める請願書に、署名をして送っていただきたいというものです。請願書の送り先は下記の通りです。
vietnam.committee@gmail.com

共産党支配下でのベトナムでは、長い年月にわたって国民の人権や様々な自由が極度に抑圧されてきた経緯があるようで、簡単に状況は変わらないかもしれませんが、これを機に世界の監視の目が向けられ、少しでも改善の方向に向かうことを願ってシェアさせていただきました。

どうぞ皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

鈴木玲子  拝

下記の添付ファイルの請願書をダウンロードし、下部に直接署名の上送信願います。

Open Letter to the Vietnamese Government on UN Vesak Day

Comments are closed.