演題  人間の潜在的可能性の神髄をひらく   ~仏教経典と科学研究によるこころみ~

四方僧伽、副代表の斉藤大法さんの講演会です。

「第 163 回 人間サイエンスの会講演」での発表となります。

【講師】 斉 藤 大 法 氏

【日時】 平成26年5月21日(水) 午後3時~午後5時

【場所】 衆議院第一議員会館 大会議室(地下1階)

申し込みなど詳細は こちらからお願いします。

 

 

人間ほんらいの潜在的可能性とは、自らのたましいの躍動の開花にはじまり、他者・他の生物・自然環境の輝きと互いの深い調和の大切さに目覚めることです。

しかし、この世の中の現実は、自分の思い通りにならない様々な困難や辛さが渦巻いています。超えがたい難事を乗り越えた安心への橋、そして上記を実現する方法、それが瞑想であり、唱題プラクティスです。

Comments are closed.