四方僧伽とは

団体概要

四方僧伽の名称は、「世界中の人々は、ほんらい和合するつどい(サンガ)である」というお釈迦さまの根本の教えに由来しています。

これまでの経緯

四方僧伽のこれまでの歩みをご紹介いたします。
(2000年〜)

活動報告

四方僧伽の活動報告書・事業報告書はこちらです。

可能性としての仏教

世界に残された最後の一極として「非暴力」を掲げる「仏教」が、いま世界平和への可能性を問わています。本論はその可能性について語ります。

世界維新へ

『見ようとしないから、見えないのです。真剣でないから、分からないのです。その時代が齎した問題の責任はその時代の人間が背負い、解決すべきです。』

Comments are closed.